コツコツ作業が…気持ちいい、のです!

更新日:2021年10月4日

インターロッキングの目地入れ作業です。

ブロックを貼った後は、硅砂と呼ばれる白い砂を目地に埋めていきます。

スゴイ地味〜な作業ですが、これが意外とハマるんです。

この作業を嫌いという人は未だに聞いたことがない気がします^ ^

マッチ君も黙々とやっております_φ(・_・


インターロッキングの目地入れ作業の写真

まず、表面に硅砂をかけ、ほうきやデッキブラシで表面を磨くようにして

目地に砂を埋めていきます。

しっかりと、何度も掃き入れることが大事です。

この砂が間に入ることで摩擦力により、ブロックが動かなくなります。


目地から雑草は生えないの?

レンガやインターロッキングに限らず「隙間に土が入る状態」だと雑草は生えやすいもの。

目地には養分の少ない砂を用いるため、雑草は生えにくくなりますが、

絶対に生えない訳ではありません。

しかし、雑草が小さいうちは簡単に抜くことができるので、

早めに対処することがポイントです。


ブロックの隙間から雑草が生えている写真

最新記事

すべて表示